3D-EROS.com は驚異の超リアルな3D無修正アダルト立体写真と立体ムービーを2006年から配信しています!  現在500枚以上の高画質なサンプル立体画像を「ギャラリー」と「3Dエロス・ウィークリー」コーナーでお楽しみいただけます!

トップページ 最新情報 鑑賞方法 ギャラリー 3D-EROS Weekly お申込み方法 コンタクト 相互リンク
 
  【鑑賞方法】 ※3Dテレビでの鑑賞方法など大幅に解説を更新しました!(2013/06/20)

【3D関連最新情報トピックス】 ※3D関連最新情報トピックスを「鑑賞方法」コーナーから独立させました(以下のコラム・タイトルをクリック!)

■ フェイストラッキング機能で裸眼3Dを見やすくした「New ニンテンドー3DS・3DSLL」 (2014年9月1日)



【コンテンツ等更新情報】
 
・2014年8月31日
バックナンバーから  『藤崎美貴/せくすぃ小悪魔』、  『小西玲奈/マイ・プリティ・メイド』再編集 ver.2.0、  『吉永ほなみ/人妻の昼と夜』、  『高橋早苗/デリヘル嬢さなえ』 を3Dエロス・ウィークリー・メンバーズエリアにアップしました。新たに分割ファイルの一本化を行いスマホ版も加えてあります。

・2014年8月23日
バックナンバーから  『若林美保/セックス・メイド』、  『山村花子/スクール・ガール』再編集 ver.2.0、  『高梨 麗/堕天使』、  『高橋早苗/可愛い悪魔』 を3Dエロス・ウィークリー・メンバーズエリアにアップしました。新たに分割ファイルの一本化を行いスマホ版も加えてあります。




 世界初! 同一モデル2作品を1セット約1時間に再編集し10ドルで試験配信開始!


3Dの啓蒙・普及を進めるために、安価な会費による世界初のメンバー制3Dアダルト・コンテンツ定期配信サービス" 3D-EROS Weekly " では、毎週、無修正3Dムービーと3D写真集をアップ。会費は1ヶ月35ドル。
3Dアダルトに協力的なレギュラーモデルを中心に、コギャル系、お姉さま系、熟女系のモデルによるヌードから激しいセックスシーン満載のハード・コアまで、 3Dならではの無修正オリジナル写真集とムービーのセット作品を大量のバックナンバーと共に毎週メンバーに配信していきますので、 「3Dで観られる環境は持っているけどエロいコンテンツがほとんど無くて」とお感じの立体ファンに最適なコレクションです。 2010年11月からは3Dパソコン用フルハイビジョン版、3Dテレビ版、HMDや3Dスマホ版の『マルチ・フォーマット配信』を開始いたしました。
詳しいご案内は" 3D-EROS Weekly "のコーナーをご覧ください(左の新作表紙をクリック!)。

現在「3D-EROS Weekly」メンバーズエリアで配信中の最新作及びバックナンバー(こんなに観られて月会費は35ドル!)











<<< 単品5ドルでダウンロード可能な 『3Dエロス・モバイル』 2012年6月7日スタート!コチラ  >>>



3Dオワコンで非常に安くなった裸眼3Dスマートフォン...それは期待以上の3D画質!
なので新たにH.264/MP4版10分間のスペシャル・サンプルムービーを無料配信!  


2011年12月から1年間行ったアンケート調査で1280x720ピクセル・サイドバイサイド・ハーフな3Dムービーが裸眼3DスマートフォンやソニーのHMDで問題なく再生可能 であることが判明しましたが、折角の3D機能を使っていない多くの方々に「リアル3Dポルノ」を体験していただくため、 「ひなた/プライベート・エロダンス2」から作成した約10分間のスペシャル版サンプルムービーを無料配信しています。
上記のバナーをクリックして『Hotfile.com』から[[3D]]3dw-200-hinata-private2-3dsmp720ph-special.zipをダウンロードし、解凍して出来た.mp4ファイルを お使いの裸眼3Dスマートフォンに転送してご覧ください。
Hotfile.comが混雑していてダウンロードできない場合は以下のミラーサーバをお試しください。
「Easy-share.com(Croko.com)」リンク先URL:
http://www.crocko.com/42E23C03DF7D4E46AB0C8131791B451F/

これらの裸眼3Dスマートフォン用サンプル3Dムービーは、3D対応テレビや3D対応パソコン、ソニーHDM、裸眼3Dサブモニター「REAL3D V3」でも再生可能です。 ただし、1280x720pのため3Dテレビでフルスクリーン表示すると解像度が物足りなくなります。あくまでもモバイル向けのサンプルであることを予めご了承ください。

-ご回答いただきました皆様ありがとうございました-

裸眼3Dスマートフォンおよび3D対応HMD用
ハイビジョン1280x720pサイドバイサイド・ハーフ立体ムービー配信に関するアンケート 集計結果

(2011年12月8日調査開始~2012年12月20日終了)




3Dエロスは2台のカメラと2眼カメラによるリアル3Dにこだわり続けています!

2006年 『3Dエロス』開設  >>>    2010年 ようやく時代が3Dエロスに追いつく
さらに
2010年11月からは『3Dエロス・ウィークリー』メンバーには全てのバックナンバーを順次配信!
1作品あたり約2ドルで完全コレクションができます!

そして、2011年2月:裸眼3Dスマートフォン向けモバイル・バージョンを含めてマルチ・フォーマットで配信再開!

さらに2014年からは来たるべき裸眼フルハイビジョン3D時代に向けて超高画質4K2K3D写真の配信予定!
3Dムービーも飛躍的な高画質化を進め
オワコンな今だからこそ、3Dマニアのための3Dエロスを目指していきます!





<上の立体ペア写真は「交差法」でご覧ください>
3D-EROS.com は世界初・人類史上初のフルカラー無修正アダルト立体写真・立体ムービーを定期配信するサイトです!
3Dブームに乗った安易な2D3D変換によるニセモノの3Dではなく2台のカメラによるリアル3Dで作品を制作しています!
現在ギャラリーには見易いハーフサイズの他に1000枚を超える高画質なフルサイズのサンプル立体写真と
200本を越えるサンプル立体ムービーを自由にダウンロードしてお楽しみいただけます!
2D3D変換による擬似立体とのリアルさ・質感の圧倒的な違いをあなたご自身の眼でお確かめください!




    本家3Dエロス・ウィークリーは以下のマルチフォーマットで配信しています!(2012.03.30改定)

       フルカラー無修正リアル3Dポルノ写真集

フルHD最高画質 パソコン版
片側1920x1080ピクセル フル・サイドバイサイド(交差法配列のJPEG形式)


通常の2Dパソコン、3D対応パソコン、裸眼3Dサブモニター、3Dテレビ向けのフルHDサイズの左右2枚を横並びにした汎用性の高いJPEGフルカラー無修正リアル3D写真集です。
2Dパソコンの場合は裸眼交差法またはフリーソフトの「ステレオフォトメーカー」や「ステレオスライドショー」で左右を入れ替えて平行法用ビューアーでご覧下さい。
3D対応パソコンの場合は、お使いのパソコンの取扱説明書に従ってご覧下さい。

  フルHDサンプル写真 3d-photo-sample-1080-jpeg.zip/5.173MB

3Dテレビ版
片側960x1080ピクセル ハーフ・サイドバイサイド(平行法配列のJPEG形式)


現在のHDMIv.1.4で3D信号を受ける3Dテレビ向けの片側960x1080ピクセルに圧縮したハーフ・サイドバイサイドのJPEGフルカラー無修正リアル3D写真集です。
再生方法はお使いの3Dテレビの取扱説明書に従ってご覧下さい。

  3Dテレビ版ハーフ・サイドバイサイド サンプル写真
現在制作中/しばらくお待ちください  

裸眼3Dモバイル版
片側1280x720ピクセル フルMPO(左右を1枚に多重化したMPO形式)


メガネ不要でそのまま立体視できる裸眼3Dスマートフォン版、ニンテンドー3DS版、I.O.DATA『Rock Vision 3D』フジフィルム『FinePix REAL 3D V3』版を 1280x720ピクセルで統一・共通化したMPOフォーマットのフルカラー無修正リアル3Dポルノ写真集です。

  裸眼3Dモバイル用テストサンプル写真5
      (平均800x450・ファイル名eros0020.mpo~0036.mpo)




       フルカラー無修正リアル3Dポルノムービー

パソコン用最高画質のリアル・フルハイビジョン3Dムービー版
左右各1920x1080ピクセルの Dual Streaming WMV9


NDIVIA 3D VISIONに付属の定番3Dプレーヤーソフト『ステレオスコピック・プレーヤー』(NDIVIAの場合はNDIVIA 3D VISION VIDEO PLAYERの名称ですが同じものです)で再生する、 現在パソコン上で最高画質なリアル・フルハイビジョン3Dのフルカラー無修正3Dポルノムービーです。
無料版のステレオスコピックプレーヤー(5分間の再生時間制限あり)でも再生を途中から再開する分割再生で1本分まるまる再生が可能です。
   無料版ダウンロードはコチラから:http://www.3dtv.at/Downloads/Index_en.aspx
※旧作は1280x720ピクセルのスタンダード・ハイビジョン3Dです
3Dテレビ及び3Dパソコン用ハーフ・サイドバイサイド版
左右各960x1080ピクセルのハーフ・サイドバイサイド平行法配列のH.264/MP4


現在の3Dテレビ及び3Dパソコンや3Dモニター用にハーフ・サイドバイサイドに横圧縮したフルカラー無修正3Dポルノムービーです。
再生方法はメーカーによってまちまちですので、お使いの3Dテレビ、3D対応ブルーレイプレーヤー、プレイステーション3、 3Dパソコンなどの取扱説明書に従ってご覧下さい。

サンプルムービー 3d-miki-trap-3dtv-640x720x2-vbr90.wmv/32秒/11.747MB
※2011年夏からこの1080pハーフ・サイドバイサイドHD3Dで配信中です
裸眼3Dスマートフォン、3D対応HMD、裸眼3Dタブレット用モバイル版
1280x720ピクセル/ハーフ・サイドバイサイド平行法配列のH.264/MP4形式


ドコモ、ソフトバンク、au/KDDIからそれぞれリリースされていた裸眼3Dスマートフォンでそのままメガネ不要で立体視できるフルカラー無修正リアル3Dポルノムービーです。
従来は低画質な片側320x360ピクセルでしたが、全機種で1280x720ピクセル/ハーフ・サイドバイサイドの3Dムービーの再生が可能であることが確認できたため、 2012年3月から正式にスタンダード・ハイビジョンの高画質で配信しています。
また、徐々に製品が発売され始めた7~8インチ裸眼3Dアンドロイド・タブレットやソニー等の3D対応HMD、富士フィルムの7インチ裸眼3Dフォトビューアーでの鑑賞にも最適です。
大きな3Dテレビや20インチ以上の3Dモニターのような迫力はありませんが、裸眼3Dスマートフォンの旧機種は実質ゼロ円やヤフオクで最安値3000円台から落札可能で、 いつでもどこでもメガネ無しで3Dを楽しめ、電話契約せずともWiFiでネットも十分に楽しめるアンドロイド端末として使える現在最も低コストな3Dデバイスと言えます。
特にモニターサイズが小さい分、ピクセルのキメが細かく予想以上の高画質で裸眼立体視できます。

サンプルムービー
現在このページのトップでも配信中の「ひなた/プライベート・エロダンス2」からの10分間のスペシャル・ムービーです。リンク先から「無料ダウンロード」してZIPを解凍してご覧ください。
http://hotfile.com/dl/147865897/dcbd7cd/3D3dw-200-hinata-private2-3dsmp720ph-special.zip.html/約10分/148.9MB

ニンテンドー3DS版
左右各400x240ピクセルの3D-AVI形式
×ファイルサイズが大きいため配信しません    


2011年12月のファームアップでようやく3Dムービーの撮影と再生ができるようになったニンテンドー3DS向けの 3D-AVI形式の無修正フルカラー3Dムービーですが、ニンテンドー3DSで再生可能なフォーマットはMotion-JPEGをベースとしたAVI形式のため、 解像度が片側400x240ピクセルにもかかわらず、スマホ版のハイビジョン1280x720サイドバイサイド・ハーフ/H.264/MP4形式の2倍以上のファイルサイズに なってしまいます。
そのため、現状ではよほど多数のご利用者(3Dエロス・ウィークリーメンバーとして常時1000名以上、モバイル版単品販売の場合も1作品につき1000名以上) が確保できなければコスト的に見合わず、また、ご利用者にとってもダウンロードに要する時間がハイビジョン・モバイル版の2倍以上も掛かってしまうため、 ニンテンドー3DS専用ファイルは配信しないとの結論に達しました。
そこで3Dエロスとしては、どうしてもニンテンドー3DSで見たい人のために、上掲のモバイル版から3D-AVI形式への変換方法を分かりやすく説明することで 少ないニーズに対応することとしたいと思います。
とりあえず、ニンテンドー3DSでどのように見えるのかのお試し用として、上掲のモバイル版から変換したサンプル・ムービーを以下に掲載しますので、ダウンロードして お使いのニンテンドー3DSのSDカードの「DCIM」のフォルダの中の「100NIN03」フォルダにコピーし、本体に挿し、「ニンテンドー3DSカメラ」を起動して 「写真/ムービーを見る」をタッチして先ほどSDカードに入れた動画を探して再生してください。

参考サンプルムービー
       https://hotfile.com/dl/150539359/a9c04fe/ERO_2012.AVI.html/約10分/341.139MB

ニンテンドー3DS用3D-AVI形式へのかんたん変換方法
       How to View by Nintendo 3DS !(3Dエロス・モバイル日本語解説)


■重要■ 2010年10月からバックナンバーの個別配信停止・代わりに3D-EROS Weeklyで順次掲載 (2010.10.31)

既に作品数が160作を超え、現在のサーバ容量ではバックナンバー作品の収納が限界を超えてしまったこと、また、 1作品ごとに3Dテレビ用やハイビジョン3Dな1280x720xデュアル・ストリーミングWMVを、やさらに近い将来はフルハイビジョン3Dな 1920x1080xデュアル・ストリーミングWMVなどの複数のフォーマットを配信するためのサーバ容量が必要なため、 従来の「ライブラリーからのバックナンバーの個別配信」は停止し(ビジターのために最新作と直近の新作9作品のみ単品申し込みができるように残します)、その代わりに2010年11月から『3D-EROS Weekly』で新作に加えてバックナンバーを毎週3作品ずつ、 追加料金無しの現在のメンバー料金のままで配信していく予定です。
つまり、1ヶ月35ドルの現在のメンバー料金で「毎週新作1作品+バックナンバー3作品の合計4作品×4週間=16作品」を配信していきますので、初めてメンバーに なられる人にとっては1作品当たり約2ドル(1ドル=85円換算で1作品約170円!)でコレクションできることになります。
しかしながら、過去作品の全てを揃えるには1年間を要しますので、今すぐにバックナンバーの全てを見たい場合は、DTI傘下の姉妹サイト『3D-EROS.NET』のメンバー(月額69ドル) に1~2ヶ月なってダウンロードする方法もあります。
なお、将来的に3D環境が普及した時点では、DTI傘下の『ヘイ動画』などの1作品ごとに料金を払ってダウンロードするペイ・パー・ビュー方式のサイトに バックナンバーの配信を委託する計画もあります(その場合の1作品の料金は現在の25ドル相当もしくは新作から1年を経過したら10ドルに値下げするなどの割引も検討しています)。
ともあれ、こちらの本家『3D-EROS.COM』が、その設立趣旨にうたっているとおり、最も安価かつ合理的に作品を皆様に配信していくことに変わりはありません。


立体ムービーと立体写真を見るには"0円"から色々な方法があります!

どこを見ても同じような裏ビデオや無修正写真ばかりのインターネット....
もう普通のエロ画像は見飽きていませんか?
インターネットが普及し始めた1995年、ネットで自由に無修正エロ画像を見られるように
なった時には世界中の人々がワクワク・ドキドキしたものでした。
そして今ではコンビニ気分で誰でも無修正が見られるようになりましたが、
そのコンテンツといったらモデルが替わっただけで1980年代と同じような裏ビデオや裏本のコンセプトを
デジタル化しただけのもの...
21世紀となった今、ハリウッドでは2009年から公開されるアニメ映画のほとんどが3D版となり、
ジェームズ・キャメロンをはじめ巨匠たちがこぞって3D大作映画の制作を始めていますし、
スターウォーズ等の過去のヒット作品の3D版の公開も予定されています。
それらの3Dコンテンツを家庭でも楽しめる「夢の家庭向け高画質な立体映像鑑賞技術の実現」へと飛躍し始めています!
既に手軽にフルカラー・フルスクリーンで立体映像を楽しめる3D液晶モニターも2万円台で購入可能となり
さらに
メガネ不要で綺麗に立体に見える夢のような7インチ裸眼立体モニター搭載の3Dフォトフレームがナント3万円台で発売されています。
万博やアミューズメント施設やIMAXシアターでしか見られなかった大迫力の高画質フルカラー 立体映像を個人でも楽しめる時代がようやく訪れたのです!
そしてフルカラーの立体映像は、単に人や物が立体的に見えるだけでなく、 血の通った人肌の感触やその場の空気の存在感までが見えてくるので、
今までの2Dとはまさに次元の違う超リアルな世界が目の前に広がります。
さらにフルカラー立体映像は特にエロチックな映像表現に最適です!
なのにインターネットを検索しても、立体映像と言えば単に「立体に見えます」的なことだけを 主張した風景写真や静物写真がほとんど...
立体ヌードもほとんどは大昔からある左右が赤と青等のメガネを掛けて見る子供だましの 「アナグリフ式」ばかり、
数少ないフルカラーのものもスライドフィルムやせいぜいがハガキ・サイズの小さなもの...
しかもその多くはアート志向の強いヌードばかりでポルノはほとんどありませんし、立体ポルノムービーは全くありません。
自然な色を再現できないアナグリフ方式では肌の質感を再現できませんし、ハガキ・サイズでは 小さすぎて迫力が感じられないにもかかわらず、
今までの立体コンテンツの値段は驚くほど高いものばかりで、これでは内容的にも価格的にも 立体メディアを普及させることはできません。
3D-EROS.COM は、 21世紀の立体メディア普及のキラー・コンテンツとなる無修正立体アダルト・コンテンツを、
「リアルさ」「高画質」「極めて安い普及価格」にこだわりながら 作り出していく世界初のウェッブ配信型フルカラー無修正立体アダルト・サイトです!
3D-EROS.com  が送り出す超リアルなフルカラー立体エロスの世界で、再びワクワク・ドキドキする興奮をお楽しみください!

2006年6月   3D-EROS.com ウェッブマスター


2012年4月現時点でオススメできる安くても機能は十分な3D鑑賞デバイスはコレダ!

詳しくは「鑑賞方法」のコーナーをご参照ください!  

  ★お薦め度No.1

■ 今すぐに楽にフルカラーで立体映像を観るならば、
IPS液晶の高画質が価格コム最安値
22,800円(2012年12月20日現在)
三菱Diamondcrysta WIDE RDT233WX-3D(BK)23インチ
(または後継の「RDT234WX-3D(BK)」)
が最高!他に買い足す必要ナシ!


現在お使いのパソコンがWindowsマシン(デスクトップでもノートでも)で、外部モニター出力が1920x1080以上に対応していれば、 このモニターを1台買うだけで十分3Dを楽しむことができます。
お薦め理由は、
「安い」
「OSは何でもOK、他に何も買い足す必要が無い」
「TOHOシネマズや3Dイベントでもらえる円偏光メガネもなんとか使える」
「明るくチラつかないので長く見ても疲れが少ない」
「IPS液晶で高画質」
「もちろん2Dモニターとしてもフツーに使える」
からです。 なお、2014年から三菱は全てのPCモニターの製造販売から撤退してしまいますので、3Dモニターも在庫限りとなります。
....続きは「鑑賞方法」のコーナーへ  


★お薦め度No.2は  
■裸眼3Dスマートフォン『HTC EVO 3D
契約によっては円、ヤフオクでは白ロム新品が5千円台!
を1台買うだけ


お薦め理由は、
「安い」
「3D画質が非常に良くフルハイビジョン3Dも再生できる」
「内臓の3Dカメラも実用性は十分に高い」
「ネット上の無数の3Dアダルトコンテンツをダウンロードして見る分にはこれで十分」
「何といってもスマホなので利用価値が高い」
「デュアルコアCPUなので同価格帯のシャープ機よりも格段にサクサク動く」
からです。
....続きは「鑑賞方法」のコーナーへ  

  ★お薦め度No.3

■ 安値投売り状態の各社3Dテレビ、
特に
イオンでたまに2万円台で安売りされる
円偏光メガネ方式で32インチの
PRODIA PRD-LH132B
は狙い目!(製造・販売終了)


パナソニックを筆頭にソニー、シャープ、東芝などがCMで大きな掛け声を上げただけで、値段が高くて、メガネがチラつく20世紀の古い方式の3Dテレビは日本では 全くブームにもならず、現在、各社の3Dテレビは異常な安さの投売り状態なので、買い時と言えます。
そんな中でも、円偏光方式の軽くてチラつかないメガネを採用し、映画1本・AV2本続けて見ても疲れが少なく、パーソナルサイズの32インチで、 BSやCSの3D放送が見られ、パソコン用フルハイビジョンモニターとしても使え、最初から録画用のハードディスクも付いて、5年間ぐらいの長期補償も付けても 2万円台という昔からの3Dマニアには信じがたい超低価格で全国のイオンで時折売り出される 『PRODIA PRD-LH132B』は一人で3DアダルトやPS3で3Dゲームを楽しむには最適な1台だと言えます!
....続きは「鑑賞方法」のコーナーへ  


★お薦め度No.4は  

■ フルハイビジョン画質の製品版はフェイスブックから出る?
話題の低価格・超広視野なHMD「Oculus Rift」や
ソニー「Project Morpheus」のHMD

これからの映像世界をガラっと変える
体感型バーチャル・リアリティーと
オーギュメント・リアリティーのための最新デバイスで
「画面から出てこない嫁」が居るアチラの世界に入り込める!


安いスマホ用モニターを活かして低価格を実現し、光学処理によって非常に広い視野を確保し、 動体センサー技術によって360度、上からも下からも自由視点で映像の世界に入り込める、 いかにも21世紀らしい民生用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)がOculus Riftです。
そして、Oculus Rift に触発されて(パクって)ソニーがプレイステーション4やPC向けに開発と販売を発表したのが「Project Morpheus」のHMDです。
Oculus Rift は2014年6月現在、日本のバラエティー番組や情報番組にも登場して、 タレントやアナウンサーが体験してその驚きを語っています。
ただし、Oculus Rift はバージョン2でフルハイビジョンになったとはいえ、 あくまでもまだゲームやコンテンツ開発者向けのキットであり、一般ユーザー向けの製品版は親会社となったフェイスブックから発売されそうです。
また、プレイステーション4自体の映像再生ソフトがまだまだなソニーのプロジェクト・モーフィアスHMDも具体的な発売時期は未定です。
ともあれ、既にOculus Rift 向けゲームよりも先に、 モデルの姿を360度自由に向きを変え、下からも覗けるアダルト・コンテンツの製品版が発売されたり、 自由視点で見られる「映画」の制作が発表されたり、 ドワンゴとNTTからはライブ会場を360度自由視点でその場に居るかのように見られるライブ配信の具体化が発表されるなど、 これからの映像に革命をもたらすデバイスです。
新しい仮想現実のゲームの開発や、斜陽のアダルト・コンテンツや斜陽のセカンドライフのような仮想社会を新しい技術で復活させて大きなビジネスにしようと考えているプロの人々には必須のデバイスです。
3Dエロスの究極の目標はSFのような「裸眼ホログラムによる無修正エロスの実現」ですが、その前段階として、 このOculus Rift で360度自由視点でモデルのエッチな姿を見られるコンテンツの制作を行いたいと考えています。
....続きは「鑑賞方法」のコーナーへ  

そして時代は
    「メガネ不要の4Kやフルハイビジョン裸眼3Dテレビ&モニターと新しい裸眼3Dスマホ時代」へ!


  >>>> 他にも様々な3D鑑賞方法の詳しい説明は「鑑賞方法」のコーナーをご覧ください。    



トップページ 最新情報 鑑賞方法 ギャラリー 3D-EROS Weekly お申込み方法 コンタクト 相互リンク

会員規約 | プライバシー声明

Copyright © "3D-EROS.com" All Rights Reserved
Merricpayment EU Limited
38 Branmpton Gardens, Throckley
Newcastle Upon Tyne, Tyne and Wear UK NE15 9HH
United Kingdom